アイムピンチ美容液の効果的な使い方!ファンデのノリを良くする朝のスキンケアも!

アイムピンチは年齢による乾燥からくるお肌のピンチを救うピンチ肌化粧品です。年齢とともにこれまでのスキンケアでは追いつけなくなったお肌のトラブルや悩みのピンチを再び若いお肌を取り戻すための「チャンス」に変えるためのアイムピンチ美容液。ぜひ効果的に使ってその効果を高めたいものですね!

アイムピンチを使う際の忙しい朝のスキンケア方法も紹介します。

▼アイムピンチ公式サイトはこちら▼

アイムピンチ美容液で美肌づくり

”いつものスキンケアにプラスするだけ”というお手軽な使い方がアイムピンチの人気の秘密の一つです。

実際にアイムピンチを使用された方による「小じわが減った!」「肌に潤いが戻った!」と嬉しい口コミが寄せられていると好評ですが、せっかくならより効果的にアイムピンチを使って美肌効果を高めていきませんか。

年齢によるピンチ肌といえば、目元、口元の乾燥やシワ、頰のほうれい線、 くすみなどが気になってきますよね・・・

このような症状のお肌のトラブルにお悩みなら、発酵エキスと15種類の美容成分でお肌をしっかり保湿してくれる美容液アイムピンチを正しく効果的に使ってみませんか。

セラビオの成分が美肌づくりに有効

アイムピンチが美肌になる美容液と言われていますが、アイムピンチ美容液にはセラビオという美容成分が30%も配合されているのです。

セラビオというのは、国産の大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させて作られた成分です。

その有効成分がお肌に潤いとハリを与えてくれるのです。

その他にも、ヒアルロン酸、コラーゲンといった美肌づくりに欠かせない美容成分が15種類も含まれています。

そんな贅沢な美容液”アイムピンチ”は、お肌の再生を促し、コラーゲン生成をサポートしてくれます。

そして、きめの細かい、ふんわりと柔らかい赤ちゃんのような肌へと導いてくれます。

アイムピンチこんな方に

40代を過ぎると、体内の水分量がかなり減って行くのは当然のこと。

そして気づけば肌荒れを起こしており、自分でもびっくりするほどのカサカサ肌に….、なんてことも。

お手入れを怠っているわけでもなく、今までと同じように自分なりのケアを若い時と同じように(またはそれ以上に念入りに)してきてはいるのに、お肌の乾燥状態が一向によくならない….。

そのようにお肌の老化を感じ始める方が多いのですが、やはり年齢にあったお手入れが必要なのだと実感が湧いてくるものです。

そんな、お肌の水分量が減っていることでお肌が乾燥し、それが原因となり起こるお肌のトラブルである、

●シワ

●ほうれい線

●肌荒れ

●たるみ

●くすみ

などの乾燥によるピンチ肌の症状をなんとか改善したいと望んでいる方にアイムピンチはおすすめの高濃度美容液です。

アイムピンチの力を効果的に利用してぷるぷるお肌に若返りを目指してみましょう!

アイムピンチが合わないのはこんな方

アイムピンチはお肌の乾燥状態に潤いを与えてくれる保湿美容液です。

そのため、合わないというよりは、アイムピンチの効果を発揮しにくいのは肌質が乾燥というお悩みをお持ちでない、乾燥肌の反対の脂性肌の方ということになります。

アイムピンチは、元々は年齢肌のための美容液として40~50代をターゲット層として人気を集めていた商品ですが、その注目度と人気の高まりに連れ20代〜30代の愛用者も増えてきたようです。

特に美意識の高い20代〜30代の方は早い時期からエイジングケアを毎日のお手入れの日課にされているようです。

そんな中でもアイムピンチが合わないという感想を持たれることがあるのが、お肌に油分の多い体質の方もしくは敏感肌の方のようです。

ご自身のお肌にアイムピンチが合っているかどうかを知るためにも、7日間のトライアルでお得にお試しされて見ることがおすすめです。

アイムピンチ7日間のトライアルは送料無料926円

アイムピンチ公式サイトはコチラ

アイムピンチの基本的な使い方

スキンケア化粧品は、アイムピンチ美容液に限らず成分や商品の特徴により、適切な使い方があります。

正しく使うかどうかで化粧品の効き目に大きな差がでてくるのも事実です。

アイムピンチは、「今使っているスキンケアに美容液として追加して使うだけ」というお手軽さも人気の秘密なのではないでしょうか。

スキンケア商品をラインで揃えるとなるとお値段的にも大変ですが、普段のスキンケアに美容液を一本追加するだけというのは手軽に始められて嬉しいですね。

それでは、アイムピンチノ正しい使い方を詳しく紹介していきたいと思います。

アイムピンチの適切な使用量

アイムピンチの使い方の説明には以下のように書かれています。

◆一回の使用量は50円玉程度

◆朝、晩の2回の使用がおすすめ

このおすすめの使用量ですが、

トライアルの場合はプッシュ5回の量、本商品ならば2回の量が目になります。

実際にこの使用量を一回に使ってみると、かなり多めだと感じ濃厚な仕上がりになります。

この半分の量でも十分なのでは?と感じ半量に減らしてご使用されている方もいらっしゃるようですが、この使用量の目安というのは、アイムピンチの美容成分の効果を最大限に働かせるために設定されているもので、これを減らしてしまうと保湿機能が十分に働きません。

おすすめ使用量を減らして使うと肌に与える潤いその分減ってしまうことになるので、一定の量をお使いになることが効果を最大限に得るための条件となります。

それでもやはりこの量は一回に使うには多すぎると感じる方が多いのも事実です。

二度塗り三度塗りという形で、何回かに分けてお肌に浸透させながら使用するのがおすすめです。

特に目元や口元の、乾燥が気になる部位や小じわが気になる部分にたっぷり美容成分が行きわたるようにお使いください。

アイムピンチをお手持ち化粧水と乳液と組み合わせて使う正しい順番は?

STEP1:美容成分が吸収されやすくする

ぬるま湯で洗顔した後にお手持ちの化粧水で、アイムピンチの美容成分がしっかりと吸収されやすくするためにお肌に潤いを与えましょう。

STEP2:アイムピンチ美容液を数回に分けて塗る

使用量の目安を守り、数回に分けてお肌への浸透させながらアイムピンチ美容液を塗りましょう。

STEP3:お手持ちの乳液やクリームで美容成分をしっかり保湿

水分や美容成分をお肌に塗っただけでは、それらがお肌から逃げてしまいます。そうならないためには、お手持ちの乳液やクリームでしっかりと保湿をするためのフタをします。

Step1~ Step3それぞれが大切なステップです。

この使用方法を守ってご使用いただければ、アイムピンチの効果をしっかりと感じられるはずです。

▼ピンチ脱出お試しコース(7日間)を画像付き体験レビューはこちらで紹介▼

アイムピンチ美容液の口コミ・レビュー! お試し体験記で効果を検証!

アイムピンチ➕オールインワン化粧品との使い方

化粧水と乳液(またはクリーム)をアイムピンチと併用するというのは一般的にオススメされる使用方法なのですが、オールインワン基礎化粧品の場合はどのように使ったら良いのでしょうか。

アイムピンチをお肌に浸透させた後、保湿のためにお肌にフタをするということが重要なポイント。

ということを考慮すると、

1.アイムピンチ美容液

 

2.オールインワン化粧品

という順番での使い方が道理に合った使い方だということになりますね。

でもできれば、アイムピンチは化粧水でお肌を潤わせてからの利用により最大限の効果を発揮するため、アイムピンチを使う前に化粧水をご使用されることをオススメします。

アイムピンチの効果的な使い方

アイムピンチ美容液を使ってみるなら、やはり効果を高めて美容成分の力を十分に発揮させることができたら嬉しいですよね。

そのために、アイムピンチの効果的な使い方を紹介します。

手のひらで適度な温度に温められたアイムピンチ美容液をマッサージするようなイメージで、お肌に優しくなじませながら浸透させていくことで美容効果が高まります。

年齢肌の原因といえば”乾燥”が第一に挙げられますが、ストレスや疲れによる顔の血液の流れの悪化も、お肌の調子を悪くします。

血液の流れの滞りはもちろん顔面でも起こり、老廃物がたまることで顔色の悪化(くすみの原因)や肌荒れの一因ともなります。

どうして血液の流れが悪くなるかというと、リンパの流れに滞りが生じることからの悪循環が起こっているからです。

アイムピンチを塗るときには、顔の真ん中から外側へ向かってリンパを流すイメージで、気持ちの良いくらいの圧力をかけて広げると良いでしょう。

また目の周りや頬骨にそって指の腹で程よい圧力を与えるハンドプレスをすることで、老廃物を外側へ流し血行を促進することができます。

また、アイムピンチ美容液を手のひらに乗せた時点で、両手の平の温度で適度に温めて使うことで、お肌への美容成分の浸透力が高まります。

アイムピンチ公式サイトはこちら

アイムピンチは、最後の一滴まで残らず使えます

アイムピンチ美容液には7日間お試しでも本製品でもほじほじスプーンというのが付いています。

容器の内側に残った美容液を最後の最後まで使い切れるようにとの配慮からついています。

ホジホジスプーンを有効活用すれば、しっかりと瓶の底に溜まった美容液まで使うことができますよ。

そして、アイムピンチ美容液の最後の一滴まで使い切ることができる方法として、私はホジホジスプーンでもすくいきれない貴重な一滴も残さず使います。

お手持ちの化粧水をアイムピンチの瓶の中に入れてシェイクする。

そうすると、アイムピンチの最後の一滴が原液として化粧水に混ざり合って濃厚なテクスチャーが薄まることにより、しっかりと使い切ることができるようになります。

化粧水として顔に使ったり、乾燥が気になるボディの部位(首、腕、デコルテ)に伸ばしたりして使って見てください。

アイムピンチの保湿力を乾燥しがちな体の部位全身で感じることができますよ!

ちなみに、私はハトムギ化粧水など保湿用でお得な化粧水を使っています。

アイムピンチNGな使い方

上記でアイムピンチの正しい使い方や効果的な使い方を紹介してきました。

アイムピンチの効果がわかりづらいNGな使い方をここで紹介させていただきます。

簡単にいうと正しい使い方の反対がNGな使い方になるのですが、

アイムピンチの1回の使用量の目安(50円玉大)を守らないのはNG

アイムピンチに含まれる美容成分が発揮されるために推奨される目安量を使うことで、効果を実感しやすくなります。

お手入れをアイムピンチで終わらせる(乳液やクリームでフタをしない)のはNG

この二つがアイムピンチのNGな使い方になります。

アイムピンチは美容液ですが、美容液はお手入れの最後に使うものだと思われている方もいらっしゃるようです。

特に美容液は濃厚なテクスチャーなので、お手入れの締めくくりとして最後に使うイメージが定着しがちです。

アイムピンチを含む美容液は、お肌にしっかりと浸透させることがその目的になるので、美容液の上から美容成分を逃さないように乳液やクリームでフタをして保湿してあげることが必要になります。

朝のスキンケア<ファンデーション使用時のアイムピンチの使い方>

朝は夜のお手入れに比べて、時間も慌ただしくゆったりとスキンケアに時間がかけられないという方も多いのではないでしょうか。

特にお化粧をする前のスキンケアはファンデーションのノリを左右することもあり、とっても重要ですね。

アイムピンチは、密度が高く濃厚な美容液であることからも、アイムピンチを塗った直後にファンデーションを塗るとお化粧がヨレてしまったり、化粧崩れの原因となることも考えられます。

しっかりとアイムピンチの美容成分を封じ込めてから乳液やクリームを乾かす時間が取れない場合は、アイムピンチの使用量を朝は少なめに、夜にたっぷり目にするという方法がオススメです。

また、私たちのお肌の調子も日によって違うのでお肌の調子を見ながら調節していける朝の時間の余裕が持てるといいですね。

リキッドファンデーションをお使いの方であれば、リキッドファンデーションにアイムピンチをワンプッシュして混ぜて使うことで、ファンデーションに保湿効果が含まれスムーズな塗り心地を楽しむことができますので、ぜひ一度試して見てください。

▼アイムピンチ公式サイトはこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です